損切りのタイミングを決めるのが大切

FXの取引をして利益を出すためには自分の予想が当たり、取引をして利益が出た場合はできるだけ大きくして、自分の予想が外れ、取引をして損失を出してしまった場合はできるだけ最小限に抑えるという損小利大を心がけることが大切であると言えます。

 

そして取引をして損失が出てしまった場合に損失を最小限に抑えるために損切りをすることになりますが、損切りをするときとして自分の予想が外れたと確信を持てるところまで為替の値が動いてしまったときです。
具体的には買いでエントリーをした場合は直近の最安値を更新してしまった場合、売りでエントリーをした場合は直近の最高値を更新してしまった場合です。
このような場合はさらに為替の値が動いてしまうことがあるので損切りをしないと損失が大きくなってしまいます。

 

私はFXの取引をするときに上記のような状況になったら損切りをするようにしています。